永久脱毛は本当に生えてこないの?

永久脱毛でも毛が生えてくる

ムダ毛に悩む女性にとって、日々の自己処理はとてもストレスになります。
また間違えた自己処理を繰り返すことによって、肌への負担も大きくなり、色素沈着や埋もれ毛、炎症などさまざまな肌トラブルを抱えることになります。
そこで気になるのが永久脱毛です。
永久脱毛と聞くと、一生毛が生えてこないような印象を受けますが、実はそれは違います。
現在の脱毛技術では、どのようなサロンやクリニックで施術を行ったとしても、完全に一生毛が生えてこないような施術はありません。
では、なぜ永久脱毛といわれるのか、という点ですが、「脱毛が完了してから1ヶ月後の時点での毛の再成立が20パーセント以下である場合」を永久脱毛と定義されているのです。
そのため、脱毛後20パーセント以下の発毛は許容範囲とされています。
これでは、永久脱毛を行う意味がないと感じる人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。
この再生された毛というのは、もともと生えていた毛よりももっと細く目立たないものになっているのです。
そのため、再生されていても、ほとんど目立つこともなく自己処理の負担もほとんどありません。
自己処理がなければ肌への負担も軽減されます。

永久脱毛の方法と効果の違い

肌見せをためらわない

永久脱毛とはどのような脱毛方法なのかという点ですが、脱毛方法ではフラッシュ脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛が主流となっています。
まずフラッシュ脱毛というのは、エステサロンで行われる脱毛方法です。
これは特殊な光を当てて毛根にダメージを与えていく方法です。
エステサロンではキャンペーンなどを行い格安で施術できるので若者にも人気の方法です。
一度に広範囲の施術が可能なのも魅力です。

続いてレーザー脱毛ですが、これはフラッシュ脱毛と仕組みは同じです。
しかし光のレベルが高いため医師免許を持った人でないと施術出来ない方法です。
そのため、クリニックや美容外科で受けることができますが、費用はエステサロンに比べると高くなります。
しかし、光のレベルが高いため脱毛効果も高く通院期間も短く済みます。
最後にニードル脱毛ですが、これは一つ一つの毛穴に電気針を刺して毛根を破壊していく方法です。
高い技術力と時間が必要なため、最近では施術出来る場所が少なくなってきました。
エステサロンで行えますが費用が高く、また技術者のレベルによって効果が左右されます。
しかし、1本1本を着実に処理していくため、最も永久性が高い脱毛方法ともいわれています。

フラッシュ脱毛のメリット・デメリット

永久脱毛をとにかく低コストで行いたいという人には、フラッシュ脱毛がオススメです。
フラッシュ脱毛のメリットとしては、低コストであることが上げられます。
これは機器を扱うのに免許が不要なので、エステサロンで施術が受けられるという点が大きなポイントです。
最近では格安プランを打ち出している脱毛専門サロンも増えてきました。
このようなサロンの多くは駅前やショッピングモールの中などに店舗を構えていることが多く、とても通いやすいというメリットもあります。
また、痛みが少ないため痛みに弱い人や、敏感肌の人でも施術できる方法です。
しかし、デメリットもあります。
フラッシュ脱毛は肌の中の黒い色素に反応するため、ほくろの周辺や日焼けした肌には施術できません。
また、前日には施術箇所の自己処理が必要で、剃り残しがあった場合別料金が発生したり、施術を断られる場合があります。
最大のデメリットは効果が弱いことです。
特に産毛などの細い毛には効果がでにくく、また太い毛においても最低でも4回は通わなくては効果を実感することは出来ません。
長期間、きちんと定期的に通うことが必要とされます。
産毛までなくしたい場合は、さらに時間が掛かるでしょう。
参考:医療レーザー脱毛の口コミ | 全身脱毛を口コミで選ぼう!医療レーザー脱毛or光脱毛

レーザー脱毛のメリット・デメリット

美肌のための永久脱毛

レーザー脱毛のメリットとしては、効果が高いことです。
レーザー脱毛は医療機関でしか受けることの出来ない脱毛方法です。
そのため、使用される光のレベルが高く、毛根へのダメージがかなり大きなものとなります。
一回ごとの効果が非常に高いので、3~4回でほとんど目立たなくなり、6~8回でよく見ないと分からない程度の産毛のみになります。
デメリットとしては、まずコストが高いです。
レーザー脱毛はフラッシュ脱毛と違い、クリニックや美容外科で行うためキャンペーンなどをほとんど行っていません。
また契約方法も、エステサロンのように複数個所がセットでお得になるようなプランはほとんどなく、一箇所ごとの契約になります。
そのため、複数個所を行うと莫大な金額になることもあります。
また照射する光のレベルが高いため、感じる痛みも強くなります。
ゴムで患部をパチンとはじかれたような痛みが続きます。
レーザー脱毛は照射範囲がフラッシュ脱毛よりも狭いので、施術時間も長くなります。
施術中の痛みに耐えられない場合は麻酔を使用してくれる場合もありますが、別料金が発生します。
また、施術後には肌が赤くなりやすいので、きちんとしたケアも必要です。

ニードル脱毛のメリット・デメリット

永久脱毛をするためには

最近ではほとんど見なくなってしまったニードル脱毛ですが、ニードル脱毛にはメリットがたくさんあります。
まずは施術可能箇所です。
フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は眉毛や目の周り、ほくろやあざがあるところは施術不可となりますが、ニードル脱毛は全ての箇所が施術可能です。
特にほくろ周りなどは、ニードル脱毛であれば細かく施術できるのできれいに脱毛できます。
また日焼けした肌にも施術可能なので、どのような時期でも施術しやすいです。
ほかにも、1本1本を処理していくため、効果がかなり高く、ほぼ永久的に施術した毛が生えてこないという特徴があります。
しかし、デメリットも多くあります。
まずコスト面では、レーザー脱毛よりも高額になります。
サロンでの料金設定により異なりますが、一本ごとの価格設定の場合が多いので、広範囲となるとかなり高額です。
ほかにも痛みが強いのがデメリットです。
針を毛穴に刺していき、そこに電流を流すので非常に強い痛みが伴います。
そして施術後の赤みも強く出ます。
また技術者によってスピードや効果が左右されてしまうのもデメリットの一つです。
フラッシュ脱毛やレーザー脱毛の完了後の数本の処理に向いている方法です。

永久脱毛を行うときのポイント

自己処理のストレスから開放されたいという思いから、永久脱毛を行うことを検討している場合、いくつかのポイントを押さえておきましょう。
まず、どの方法で脱毛をするかです。
脱毛方法によって、完了までの期間や施術時の痛み、コストが大きく異なります。
どの方法であっても4回程度は通う必要があるので、自分に無理のないプランを選びましょう。
そしてアフターフォローのあるお店を選ぶことも大切です。
永久脱毛ではまれに数本の毛が再生してしまいます。
これは、ストレスや生活習慣の乱れによる毛周期の乱れが原因となっている場合があります。
ホルモンバランスが崩れてしまうと、毛周期も乱れます。

アフターフォローが重要

きちんと通っていても取り残しが出てきてしまうので、完了後でもフォローしてくれるようなサロンやクリニックを選んでおくと良いでしょう。
永久脱毛は全ての毛が二度と生えなくなるわけではありませんから、アフターフォローで施術を行ってくれるサロンやクリニックを選んでおくと安心できます。

脱毛を行うことによって、今まで生えていた毛が減少し、さらに再生された毛は細く目立たない毛になりますが
脱毛部位や方法などによってかかる料金や時間は異なります。
無理な自己処理を続けている方はトラブルの原因となるので、早めにプロの脱毛に切り替えましょう。